福岡エリア施工実績No.1!
太宰府市を代表する外壁・屋根の塗装職人集団

太宰府市で外壁塗装・屋根塗装をお考えの方は、職人直営の塗装店、大楠塗装へお任せください!
代表の大楠英治がいつも笑顔で、「一生懸命」に「謙虚で実直」に。
他塗装業者であれば気づかないような隅々まで一切妥協せず、お客様にとことん寄り添ったサービスを提供する事をお約束いたします。

  1. ホーム
  2.  ≫ 施工実績
  3.  ≫ 外壁塗装
  4.  ≫ 太宰府市にて屋根・外壁塗装

太宰府市での外壁塗装・屋根塗装・防水塗装の施工事例

太宰府市にて屋根・外壁塗装

2021年10月4日


先日、太宰府市にて行った屋根・外壁塗装の様子をお届けいたします。

 

塗装を行う前は屋根、外壁ともにしっかり高圧洗浄を行います。洗浄を行わずに塗装をしてしまうと既存の塗料が劣化してできた粉(チョーキング)や汚れなどを新しい塗膜の中に閉じ込めてしまうことに。そうすると塗料の持ちも悪くなるため1〜2年で塗装が剥げてしまうのです。塗装工事は決して安くありません。出来上がりだけでなく5年、10年後もお客様に満足感を持っていただけるような施工を心がけ、基礎的な作業や下準備もしっかり丁寧に行っていきます。

続いて塗装に入ります。

屋根・外壁塗装の基本原則と言えるのが、下塗り・中塗り・上塗りの三回塗りです。

下塗り…中塗り・上塗り塗料の密着を高めるために下地強化剤を塗る。塗料の機能性・耐久性の良し悪しを左右します。

中塗り…下塗り材の色を消し、上塗り塗料の密着をより高めます。基本的に上塗り塗料と同じ色を使います。中塗りを省いて上塗りだけで仕上げてしまうと必ず塗りムラができてしまうため、欠かせない工程です。

上塗り家の外観を決定づけ、また中塗りで生じた色ムラや気泡を覆い隠し、雨風や汚れから外壁を守ります。

屋根材の破損部にはコーキングで補修を施し、タスペーサーを挿入後、仕上げ塗りに入ります。

タスペーサーとは、屋根塗装の際に屋根材の隙間を塗料がふさがないようにするための板状の道具のこと。「縁切り」と呼ばれる塗装の工程で必要となる道具です。

縁切りは、屋根塗装の際に屋根材の隙間を作る工程のこと。一部の屋根材の内部は雨が入り込む性質があるため、水の出口がないと裏側に水がたまって結露が発生し、屋根裏を腐食させてしまうのです。最悪の場合は雨漏りの恐れも。それを防ぐため、屋根材の内部にある水を外に逃がす隙間が必要というわけです。

しかし、屋根塗装をすると水の逃げ道である隙間が塗料でふさがれてしまいます。そのため、屋根材の裏側に水がたまらないよう隙間を作る道具の1つがタスペーサーなのです。タスペーサーは、屋根材のコロニアル、カラーベストが使われている「ストレート屋根」のみに使用できます。

最後に、破風などの付帯部を塗装して完了となります。

こちらがビフォー・アフターの様子です。ツートンカラーがお洒落でモダンな雰囲気の外壁に仕上がりました^^

 

この度は大楠塗装をご用命いただき誠にありがとうございました!

太宰府市の屋根・外壁塗装は大楠塗装にお任せください!

『外壁塗装で絶対に失敗しないための小冊子』をプレゼント

現在お問い合わせいただいた方全員に、『外壁塗装で絶対に失敗しないための小冊子』をプレゼントさせていただいております。
熟練の塗装職人である代表の大楠が、長年の経験や太宰府市での外壁塗装事情を踏まえた上で書き下ろした一冊となっています。
スマホやタブレットでいつでも気軽にお読みいただけるようPDFファイルとしてメールでのお渡し。
お読みいただくと外壁塗装に対する知識が深まり、外壁塗装で失敗しないための準備ができる内容となっています。