福岡エリア施工実績No.1!
太宰府市を代表する外壁・屋根の塗装職人集団

太宰府市で外壁塗装・屋根塗装をお考えの方は、職人直営の塗装店、大楠塗装へお任せください!
代表の大楠英治がいつも笑顔で、「一生懸命」に「謙虚で実直」に。
他塗装業者であれば気づかないような隅々まで一切妥協せず、お客様にとことん寄り添ったサービスを提供する事をお約束いたします。

  1. ホーム
  2.  ≫ 施工実績
  3.  ≫ 外壁塗装
  4.  ≫ 糟屋郡にて屋根・外壁塗装

太宰府市での外壁塗装・屋根塗装・防水塗装の施工事例

糟屋郡にて屋根・外壁塗装

2021年9月22日


先日、糟屋郡にて行った屋根・外壁塗装の様子をお届けいたします。

 

<高圧洗浄>

屋根・外壁塗装工事では、塗装前の下準備としてこの高圧洗浄は非常に重要な作業です。
仮に高圧洗浄をしっかり行わずそのまま塗料を塗ってしまえば、壁面と新しい塗膜の間に汚れ・ゴミ・カビ・コケなどがそのまま残ってしまいます。
そうなると塗料と壁面の密着度が弱くなってしまい、その箇所から塗膜の浮きや剥がれが発生するリスクが高まります。
汚れの上から塗料を塗っても仕上がりに大差は生まれないかもしれませんが、塗膜の耐久性に大きく影響を及ぼすのです。
仕上がりにはわからないような作業だからこそ、この高圧洗浄をしっかり行うか雑に行うかが優良塗装業者と悪質な塗装業者の違いと言っても過言ではありません。

<コーキング>

続いて、塗装に入る下準備として塗装面の下地処理を行います。

外壁塗装工事においては、基本的にコーキングはすべて打ち替えていきます。
外壁や屋根と比べて目立たない箇所なのであまり気にされることは無いですが、コーキングは紫外線に弱く、外壁より早く劣化が進みます。
コーキング自体が外壁の隙間を埋めるために使われている建材ですので、コーキングの劣化はすなわち外壁の隙間が無防備になることを意味します。
もし劣化を長期間放置してしまうと、壁面からの雨漏りといった被害にもなりかねないので、塗装工事の時は基本的にすべて新品へと打ち替えていくのです。

<屋根塗装>

いよいよ塗装作業に入ります。

まずは高圧洗浄を行い綺麗になった屋根に下塗りとしてサーモテックシーラーを塗ります。

サーモテックシーラーは赤外線を反射する顔料を使用しているため、優れた遮熱性を持ち、遮熱上塗材との併用により、さらに遮熱効果がアップするといった特徴を持つ塗料です。

中塗り・上塗りにはスーパー遮熱サーモSIを使用します。こちらの塗料は遮熱性が特に優れており、夏場のエアコンの使用を抑える事もできます。光熱費の削減や節電をお考えの方に最適な塗料と言えますね。

軒天も2回塗装します。

続いて外壁の塗装です。

下塗りにはエポパワーシーラーを使用しています。エポパワーシーラーは、紫外線に弱いという弱点はありますが耐水性、耐薬品性、防カビ性があり、付着性にとても高いといった特徴を持っています。そのため、紫外線を直接受けない下塗り材としては、素地、上塗り塗料両方に優れた密着性がある為とても優れています。

中塗り・上塗りには超低汚染リファインSIを使用しています。こちらの塗料は超低汚染性能で、雨の力だけで汚れを落とす「セルフクリーニング性能」がある塗料です。高耐久のシリコンで18年の対候性があり、汚れにくいので遮熱性能が低下しにくいです。現在、業界で一番汚れ強い塗料と言われております。

鉄部はケレン作業を行ってから塗装を行います。

鉄部はその材質上、錆びが発生しやすい箇所ですが、その錆びをそのままに塗装してしまうと塗膜内部に錆びを閉じ込めてしまうことになります。

そうなればその箇所から塗膜剥がれや塗膜浮きが起こるリスクが高まります。

少しでも耐久性を良くするためにも、しっかりケレン作業を行ってから錆止めを入れていきます。

最後に、外構の塗装をして施工完了です。

 

<ビフォー・アフター>

そしてこちらが施工前・施工後の様子です。

白を基調とした全体像はそのまま、アクセント色をグリーンに変えて施工前とは一味違った雰囲気に仕上がりました!

 

この度は大楠塗装をご用命いただき誠にありがとうございました!

太宰府市をはじめ、福岡県の屋根・外壁塗装は大楠塗装にお任せください!

『外壁塗装で絶対に失敗しないための小冊子』をプレゼント

現在お問い合わせいただいた方全員に、『外壁塗装で絶対に失敗しないための小冊子』をプレゼントさせていただいております。
熟練の塗装職人である代表の大楠が、長年の経験や太宰府市での外壁塗装事情を踏まえた上で書き下ろした一冊となっています。
スマホやタブレットでいつでも気軽にお読みいただけるようPDFファイルとしてメールでのお渡し。
お読みいただくと外壁塗装に対する知識が深まり、外壁塗装で失敗しないための準備ができる内容となっています。