福岡エリア施工実績No.1!
太宰府市を代表する外壁・屋根の塗装職人集団

太宰府市で外壁塗装・屋根塗装をお考えの方は、職人直営の塗装店、大楠塗装へお任せください!
代表の大楠英治がいつも笑顔で、「一生懸命」に「謙虚で実直」に。
他塗装業者であれば気づかないような隅々まで一切妥協せず、お客様にとことん寄り添ったサービスを提供する事をお約束いたします。

  1. ホーム
  2.  ≫ 施工実績
  3.  ≫ 外壁塗装
  4.  ≫ 筑紫野市にて外壁塗装

太宰府市での外壁塗装・屋根塗装・防水塗装の施工事例

筑紫野市にて外壁塗装

2021年8月10日


先日、筑紫野市にて行った外壁塗装の様子をお届けいたします。

 

<高圧洗浄>

塗装前の下準備として高圧洗浄を行います。

塗装をする際に外壁についている劣化した塗料やチョーキング、細かな汚れやゴミなどが

ついてしまっていると塗料がうまく乗らず、すぐに落ちてしまいます。

そのため入念に洗浄していきます。

今回は外構やカーポートも洗浄いたしました。

 

<コーキング>

続いて、既存のコーキングを剥がし、新しいコーキングを打設します。

コーキングとは、建物の壁の継ぎ目にあるゴムのように打設してあるもののことです。

コーキングは防水の役割を果たしています。

このコーキングがダメになった状態を放置しておくと、コーキング部分から徐々に建物内部に水が回り、

壁の下地などを腐らせてしまい最悪の場合下地をやり直して壁を張り替えるということになってしまいます。

このような事態にならないよう、コーキングの状態を常に把握しておくことが大切です。

コーキングは新築時に打設しますが、大体の場合は10年耐久のコーキング剤を使用しています。

そのうえ新築時はコーキングの上に塗装がされていないため、

紫外線等の影響を受けやすく10年も持たないということがあります。

そのため、築10年~13年までにはコーキングを打ち換えるということが多くのお家では必要となります。

 

<軒天塗装>

軒天には、美観性の向上・雨水や日差しによる外壁の劣化防止・延焼防止・屋根裏の換気といった役割があり、

お家にとってとても大事な存在です。

経年劣化により木材が剥がれてしまっている場合には取り替えが必要ですが、

まだそのような状態になっていない場合は塗装によって劣化を防ぐことができます。

軒天塗装には主に、耐水性・通気性・防カビ・染み止め効果に優れた塗料を使用します。

 

<外壁塗装>

今回の外壁塗装では、1階、2階ともにクリア塗装で行っております。

クリア塗装とは、素地(下地)が透けて見える無色透明な塗料を使った塗装のこと。

着色をしないため、外壁の素材の色や木目を生かしながら、

保護や艶出し、手触りをよくするといったメリットがあります。

色を付ける塗装は外壁のデザインを塗りつぶし、同じ色の塗料で同じように塗装をしようとしても、

完全に同じ色で塗装することはとても難しいです。

そのため、気に入った外壁のデザインをそのままにしたいという方におすすめの塗装です。

 

<付帯部・外構塗装>

付帯部は、屋根や外壁と比べると塗装の重要度は低くなるかもしれません。

では、付帯部の塗装の必要性とはなんでしょうか?

単刀直入に申し上げますと、「家の寿命を延ばす」ために必要なのです。

最後に、付帯部と外構塗装の様子です。

付帯部は、素材が木製やビニール製など様々ですが、塗装することで寿命を延ばすことにつながります。

太陽光の紫外線や熱、雨などで劣化した付帯部を交換するとなると、高額な費用がかかってしまいます。

反りや破断がある場合にはどうしても交換が必要になりますが、

それ以外の場合は塗装し直すことによって安価ですみ、家を長持ちさせることにつながるのです。

メンテナンスを時々してあげることで、高価な出費を抑えながらお住まいを長持ちさせることができるというわけですね。

こちらも塗装をし、お洒落で綺麗な外構に仕上がりました!

 

この度は、大楠塗装をご用命いただき誠にありがとうございました!

太宰府市周辺の外壁塗装・屋根塗装は大楠塗装にお任せください!

『外壁塗装で絶対に失敗しないための小冊子』をプレゼント

現在お問い合わせいただいた方全員に、『外壁塗装で絶対に失敗しないための小冊子』をプレゼントさせていただいております。
熟練の塗装職人である代表の大楠が、長年の経験や太宰府市での外壁塗装事情を踏まえた上で書き下ろした一冊となっています。
スマホやタブレットでいつでも気軽にお読みいただけるようPDFファイルとしてメールでのお渡し。
お読みいただくと外壁塗装に対する知識が深まり、外壁塗装で失敗しないための準備ができる内容となっています。