大宰府市にて屋根塗装

屋根塗装

こんにちは。

大楠塗装、広報担当です。

 

引き続き、大宰府市の屋根塗装の様子をご紹介します。

 

塗装と密着が悪いコーキング材など古いコーキングを撤去しました。

 

 

 

錆止めです。

 

 

下塗りです。

今回はシリコンタイプの遮熱塗料を使うため、そのタイプの下塗り材を使用しました。

 

次に屋根塗装を行う際に重要なタスペーサーの取り付けです。

塗装を行う際、隙間が埋まる事で水の切れが悪くなり雨漏れの原因になってしまいます。新築で初めての塗装となると最初から埋まってしまっていることも多いです。

今回も同じでしたので、タスペーサーを取り付けることをおすすめしました。

 

 取り付けることで隙間ができ、通気性が良くなります。(タスペーサーを取り付けるのではなく、塗装後に縁切りをして通気性を高める業者さんもいます。)

 

引き続きこちらの工事の様子もお伝えしていきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント